サスティナブルな植物のヘンプ

もともと日本では暮らしの中に根付いていた麻神社のしめ縄や衣類、紙、麻の実は七味唐辛子にも入っていたりと、もともとは稲作よりも古い歴史があると言われてます。




今ではCBD製品(カンナビジオールの略称で植物に含まれる天然成分の一つです)や

植物性のタンパク質や食物繊維などの栄養価が高いヘンプパウダーなどがあります。


ヘンプパウダーにはタンパク質が50%程度含まれていると言われ、

またバリン、ロイシン、イソロイシンといったアミノ酸を含みまた必須アミノ酸も含まれています。

ミネラルや必須脂肪酸、食物繊維も含まれています。


リラックスしたり、集中力を高めたいとき、デトックスしたい時など用途に合わせてつかっています。

ヨガとも相性が良く、同じ様な効果を感じます。



また二酸化炭素の吸収率が非常に高く

マルチに使えるヘンプはサスティナブルな植物としてこれからもっと可能性のある植物ですね♪


私ももっと注目していきたいと思います。


 

つぐみ

2006年からヨガインストラクターとして活動を始める。2006年から2015年毎年ヨガフェスタの講師として登壇。現在インストラクターとして「キレイになるヨガ」や「アシュタンガヨガ」、オリジナルの「ヴィンヤサヨガクラス」の指導、その他各メディアでもモデルとして活動中。

Instagram:https://www.instagram.com/manmarumoonbird/