熱中症対策にもなる調味料~みなさん何のお塩使っていますか?~

3000年以上前から変わらずに伝えられている伝統医学アーユルヴェーダ。サンスクリット語でAyu(生命の)Veda(科学)と訳され、わたしたちが幸福で健康に、且つ美しく輝いた人生を送るためのすべを伝えてくれています。


アーユルヴェーダがお勧めするお塩

暑い夏時期は、たくさん汗をかくので熱中症対策でお水をたくさん取るように気を付ける方は多いですが、お水だけでなく、塩分も補給することも大切です。


みなさんは普段、調味料を気にしたことはありますか?

お塩といっても、岩塩、天日塩、せんごう塩、藻塩など、種類がたくさんあります。


その中でもアーユルヴェーダがお勧めするお塩は、ヒマラヤ岩塩です。






ヒマラヤ岩塩を勧める理由

夏の暑い時期にこんな症状、思い当たる方いらっしゃいませんか?


・赤いブツブツ湿疹ができる

・お腹がゆるくなり、下痢をしている

・白目が充血している

・ちょっとしたことでイラっとしてしまう


上記の症状はすべて、火のエネルギー・Pittaピッタの増悪からくる不調とアーユルヴェーダでは考えられています。


燦々と降り注ぐ太陽の光をたくさん浴びた海塩は、火のエネルギー要素そのもの。

海塩をとりすぎると、ピッタの症状を増悪させると考えられていますので、夏時期は特に海塩よりも岩塩がおすすめです。

普段使っている調味料を岩塩に変えてみたら、上記のような症状が解消するかもしれませんよ。





ヒマラヤ岩塩の栄養素

ヒマラヤ山脈近くで採取されるのが、ヒマラヤ岩塩のピンクソルト。

スーパーなどでピンク色をしたお塩が売っているのを見たことがある方いるかと思います。


岩塩には、マグネシウム、カルシウム、カリウムが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、暑い夏時期に汗をたくさんかいた時に取りたい栄養素です。

ひと舐めするだけでも栄養を摂取できるので、バックの中に熱中症対策として入れて持ち歩くのをお勧めします。


わが家の息子たちは、暑い中でもほぼ毎日、部活があります。

暑い中でのスポーツ、熱中症が心配なので、暑い時期は熱中症対策として、おにぎりに使うお塩は、いつも岩塩を使っています。



コストパフォーマンスも高い岩塩

カルディでもミル付きピンクソルトとして販売していますが、わたしがお勧めなのはコストコ。

コストコではかなりの量が入って値段もお手頃価格1,500円くらいで購入できます。

かなり大量なので、1年以上持つので、かなりお勧めです。


いつも使っている調味料をヒマラヤ岩塩に変えてみてはいかがですか?


古くから伝わるアーユルヴェーダの叡智が、おひとりでも多くの方の不調を解消し、皆さんが幸福で健康に過ごす助けになれば嬉しいです。



 

鈴木まり

幼少期から続いた喘息、アレルギー体質を克服しようと15年程前からヨガを始める。体質改善を助けてくれた植物療法、ヨガ、アーユルヴェーダ、ピラティスで一人でも多く、健康で輝き、本来の自分らしく生きる人が増えてほしいとBody care salon USASにて千葉を中心に普及に努めている。

Blog:https://ameblo.jp/thanks-y-heart/

HP:https://bodycaresalon-usas.wixsite.com/association