top of page

【煩悩を抑えるためのヨガ】

あなたは煩悩に振り回されていませんか?

ヨガクラスに参加したときは、 心身ともに生まれ変わったようにスッキリできる。

全てのことに感謝できる。満たされている気持ちになる。

けれど、日常に戻るとイライラしたり、甘いものへの欲求が抑えられなかったり、気持ちのアップダウンに振り回されてしまう。


誰しもがそんな経験があるのではないでしょうか?

煩悩とは心を惑わせ、悩ますものです。

ヨガでは5つの煩悩(クレーシャ)が不調和を 招くと考えられています。


その5つとは

●無知(無明)

●自我(意識)

●執着(欲望)

●憎悪(嫌悪)

●生命欲(死への恐怖)



これらの苦しみは多かれ少なかれ誰もが経験していると思います。

ヨガの経典であるヨーガ・スートラには これらの煩悩を小さくする方法が示されています。

紀元前3〜6世紀頃編纂されたと言われている経典に既に答えがあるなんて!

人は何年経っても同じような悩みを持っているのですね。


クリヤヨガ

ヨーガ・スートラに記されているクリヤヨガは 煩悩を弱める方法として紹介されています。

構成は以下の3つです。


①体のトレーニング(タパス)

②知性のトレーニング(スヴァディヤーヤ)

③感情のトレーニング(イーシュワラプラニダーナ)


それぞれ方法はたくさんありますが、今回は 私たちの日常に取り入れやすい方法をご紹介していきます。


①体のトレーニング

・アーサナ(ポーズ)をとる。


「ポーズをとらなきゃ!」と気負わなくて大丈夫です。 あなたの心地よい姿勢をとることが大切です。

例えばシャバーサナ! 仰向けになって手足を楽に広げて目を閉じます。

その心地よさを穏やかな気持ちで観察するだけでいいのです。 心地よさを感じる時は、煩悩に振り回されたりしませんよね!




②知性のトレーニング

・本来の自分について学ぶ


「ヨーガ・スートラなどの経典を読む、マントラを唱える。」とされています。

が、なんとなくハードルが高く感じてしまう方は、 自分の心が純粋な状態でいられる事をするのがお勧めです。 あなたが尊敬している人の本を読んでみたり、好きな言葉を呟いてみる。

そんな時間は煩悩のことは頭から離れてしまうはずです。


③感情のトレーニング

・自然などに感謝する 自然には人間の力が及ばない偉大な力があります。


全てをコントロールすることはできないので、あけ渡すこと、委ねること、 受け入れることも大切です。 まずは自分の身体に感謝しましょう。私たちの身体はまさに自然。 感謝と煩悩は同時に存在できません。 以上3つのヨガが煩悩に振り回されたくない方にオススメです!


もっと簡単な方法が知りたい方へ

もう一つヨーガ・スートラでは煩悩に対して有効な方法があるとされています。

煩悩に惑わされそうになったら反対の思考をしてみよう! (プラティパクシャ・バーヴァナ) というものです。


例えば、自分のことばかり考えてしまっている時は、 一度、相手の立場になって考えてみる。

仕事がうまくいかずにイライラしているなら、 従来のやり方と(反対とまでいかなくても)違う方法を試してみるなど 逆の思考により心の汚れを防ぐことができる。と考えられています。


煩悩の対処の仕方、いかがでしたでしょうか?

個人的には煩悩があるからこそ色々な経験ができて、 人生の醍醐味を味わえるのかなとも思います。

ちょっと困ったなという時は「反対の思考」や「偉大な自然に感謝する」など を思い出すと、冷静な視点を持てそうですね。




 

諸星美穂(Moromi)

《経歴》

脱毛症、不妊治療の経験から、健康の重要性を痛感しヨガインストラクターの道へ。

全ての女性がお気楽にイキイキ生きる世の中を目指して! ヨガ、ピラティス、分子栄養学カウンセリングを行う「KIRAKUDOU」を主宰。




Comments


bottom of page