心の状態を健康に保つには~アーユルヴェーダが教える心の鏡をきれいに保つ方法~

3000年以上前から変わらずに伝えられている伝統医学アーユルヴェーダ。サンスクリット語でAyu(生命の)Veda(科学)と訳され、わたしたちが健康に過ごすためのすべを、そして心の状態を安定させ幸福に過ごす方法をも教えてくれています。


心の不思議

わたし達は物事を見るとき、自分の心の鏡を通して物事をみているそうです。

例えば、あなたが山に登り、頂上で朝焼けをみているとします。あなたはどんな気持ちになるでしょう?

純粋に「紅に染まった朝焼けがとっても綺麗だなぁ~。」と景色に感動するのか…。

それとも、「とっても寒いし、疲れたし、早く帰りたいよー。」と思うのか(笑)

心の鏡が曇っていたり、歪んでいたりすると、自分の心の鏡を通してみた物事も曇って見えてしまったり、歪んで見えてしまったりします。

見ているその物自体は、同じものなのに、面白いですよね。

心の鏡をきれいに磨いておきたいものです。

では、どうしたら常に心の鏡をきれいに磨いておくことができるのでしょうか。



最近なぜかやる気が起きない方、重たい食べ物を食べていませんか

何をするにも億劫で、なんだかやる気が起きない。身体がダル重い。

そんな心の状態になったことありませんか?

アーユルヴェーダでは、作り置きし、時間が経ってしまったものを食べ続けていると、カファ(水・地)のエネルギーが乱れて、心が重たくなってしまうと考えられています。

油っこいものや加工品、ファストフードなども食べ続けていると、身体が重たく惰性の状態になりやすくなると考えられています。


「食べている3時間以上前に料理され、味がなく、腐敗していて悪臭を放ち、食べ残しや触るべきでない物が入っている食べ物は無知の様式の人に好まれる(バガバットギーター第17章10節)」


最近、なんだか、やる気がでない、やる気を起こしたいといる方、いつも食べている食事を一度見直してみるとよいかもしれま