気遣いができる人ほど思い込みで傷つく【HSPさん必見】傷つきやすい人を丈夫にするヨガ哲学

突然ですが、あなたは気遣いができる人OR気遣いを心掛けている人ですか?


そして、落ち込みやすい、悪く言えば気にしい、だったりしませんか?


この傷つきやすい人・気遣いができる人はあるあるなのではないでしょうか。


実は何より私自身もそうでしたし、何よりうちの母がその類の人だなあ、と感じることがありました。

ちなみに私はこれからご紹介するヨガ哲学で「なんだ!そうだったのか〜!」と日々が楽になったのでそれをみなさんにシェアできたら幸いです^^




1、落ち込みやすい人って?Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)


最近ではHSPという性格気質も有名になってきました。

非常に感受性が強く敏感な気質を持つ人と言われ、人口の15〜20%でいらっしゃるそうです。


ここではそのような気質のある方をここでは繊細な人、と表現したいと思います。


この繊細な人は本当によく気づいてくれるのです。

気づかいって相手を思うからこそできること。


だけれど、時たまそのセンサーが過敏になり過ぎて正しく機能しないときも。

それだけではなく、自分や周りを傷つけることに発展してしまうこともあります。


CASE1,

仲良しのあの人にあっていつもは盛り上がるのに今日はそっけなく感じた。

表情も笑顔がなかった・・・。

     ↓

私、何か気に触ること言ってしまったかな?と「勝手に」落ち込む。

または攻撃されたと感じ「自分も不機嫌になる」

     ↓

後日仲良しのあの人の彼が浮気をしていたことがわかり、どうもその場では盛り上がる気分ではなかったことを知る・・・



ちょっと例が複雑ですが笑 どうでしょう?

とにかく、思い込みで何か自分の中でコトが進んでしまう、

相手は何も思っていなかった、全く別の原因があったなんてことも。

結構HSPさんにはあるあるエピソードなのではないでしょうか?




2、ヨガ哲学で見てみる


そもそも気遣い、というのが自分の中で相手の気持ちや状態を想像して行うものです。

真実は相手の中にしかないもの。

「私はAをされると嬉しいから相手もAが嬉しいはずだ」


というのは思い込みの中でしかありません。


同様に

「私は嫌な気持ちのときBのようになる」

というのも人それぞれです。


なので、相手の本意を知らずに判断したり、推測するのは危険といえます。


ヨガ哲学ではこの状態を全ての苦しみの元になる

「アヴィディヤ/無知」と表現したりします。


アヴィディヤ/無知について

薄暗い森の中で、カサカサと音がした先にとぐろ状に渦巻いた物体をみて

「蛇だ!!!」と叫びます。

実際に灯を照らしてみてみるとただのロープだった。

そのように事実を確かめず、知らずに判断することを無知という。



・・・との逸話がヨーガ・スートラには書かれています。


実際の教えは本当の私でないもの=感情や肉体を自分と思い込んではいけませんよ、

という教えにつながるものですが、これらはモノの捉え方にも十分学びをもたらしてくれます。


特に攻撃的になってしまう人はトラブルのもとにもなります。

憶測で判断しないよう気をつけましょう。




3、\実生活に役立てよう!/HOW TO LIVING WITH YOGA?


1、みなさんが生活していて、気持ちがぐらぐら動く時があったら、まずそれを紙に書いてみましょう。

2、その横に、それは何%真実であるか?書いてみてください。その理由も書いてみましょう。

3、それはあなたが解決やコントロールできることですか?相手の課題ですか?


1で何の証拠もなくただ漠然と思っていてよく考えると50%かも・・・

と思ったのであれば、暗がりのロープを見ているのと同じ。

怖がらなくていいことに心を使っているのかも知れません。