生きるための大切な4つの目的とは…~アーユルヴェーダの教えが生きる助けになるかもしれませんよ~

3000年以上前から変わらずに伝えられている伝統医学アーユルヴェーダ。サンスクリット語でAyu(生命の)Veda(科学)と訳され、わたしたちが幸福で健康に、且つ全うに生きていくために人生の目的を伝えてくれています。


お母さんのような存在のアーユルヴェーダ

こうするといいよ。と、やさしくアドバイスしてくれるお母さんのような存在のアーユルヴェーダ。みんなこの世に生を宿したときに、生まれながらに自分の役割をもっていて、自分の人生を全うしなさいと教えてくれています。

ただ現代は、コロナ禍、大震災など…とっても生きづらい世の中。

嫌手な上司の下で、気を遣って働かないといけない人や、家族のため身を粉にして働いている人などなど…息苦しいのに自分の感情を押し殺して生活し、気づいたときにはうつ状態でした…。そんな方がいま結構増えています。


アーユルヴェーダでは、この世の中を生き抜くために人生の4つの目的を教えてくれています。読み解いてみましょう。生きづらいこの世の中を自分らしく生きていくために、どのように過ごしたらよいか。アーユルヴェーダの教えが助けになるかもしれませんよ。





アーユルヴェーダが教える人生の目的1つ目・Dharmaダルマ

自分の使命を全うして生きること。人それぞれ持って生まれた身体が違うように、性格も体質も違いますよね。同じ人なんて世界中探しても一人もいません。ダルマは言わば、この世でちゃんと向き合わなければならない「自分だけの課題」。誰も代わりに課題を