奇跡のニーム(Neem) ~健康や美容効果が期待できる薬木~

世界最古の伝統予防医学アーユルヴェーダ。

母なる存在で、わたしたちが健康に、そして幸福に過ごすすべを教えてくれています。


2~3年前に行った南インドでは、ニーム石けん、ニーム歯磨き粉、シャンプー、化粧水など、ニーム入りの商品をお店でたくさん見かけました。

値段もかなりお手頃だったので、家族や友人にお土産でたくさん買ってきたことを思い出します。


日本ではニームってなに?

とまだあまり知らない人の方が多いのかもしれません

私もアーユルヴェーダを学んでからニームという植物を初めて知りました。


知れば知るほどニームって素晴らしいとわかりました。

ニームの効能や歴史を一緒に探ってみましょう。




ニーム(Neem)とは…

3000年も5000年も前からアーユルヴェーダとともにインドで薬木として親しまれてきました。

葉、樹皮、花、実、種など、余すところなく全ての部分を薬として利用することができたので、

「村の薬局」「奇跡の薬木」とも言われていたそうです。


香りはちょっと独特で、虫が嫌がる香り。

人には全く害はないそうですので安心してください。

虫にとっては、致命的な香りのようで、200種類以上の害虫に効果が期待できるといわれています。

箪笥の虫よけにも、現在では農作物やガーデニングの害虫駆除にも、ニームが活用され注目を集めてきているようです。



ニーム(Neem)の効能

ニームの有効成分であるインドセンダンの抗菌、抗真菌作用で、ニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎などの肌荒れを改善する作用があるとされています。



ビタミンDが豊富に含まれているので、肌の透明度をあげて美白効果、乾燥を防いで保湿効果も期待できるようです。

千葉市で私が主宰しているアーユルヴェーダサロンで季節のアーユルヴェーダ石けん作りクラスを季節毎、2~3か月に1回ペースで開催しています。次回は、ニーム入り石けんを作る予定なので今からとっても楽しみです。


ニームに期待できる効果

・ニキビ・湿疹の抑制

・アトピー性皮膚炎の予防

・美白効果

・保湿効果


ニームの効果をみてみると、化粧水やシャンプー、石けんなどの製品がたくさんあること納得できますよね。


また、飲用薬としても使われ、消化力促進効果、肝機能を高め、糖尿病を要望してくれる効果など…

期待できる効果がたくさんあるようです。

奇跡の薬木といわれ、昔からみんなに愛されていたんだなと感じました。



ニーム(Neem)の歴史

ニームの小枝をかじって、歯を磨いたのがニームを薬として扱った始まりとされています。

台所にある食材は、薬になり得る(キッチンファーマシー)という考え方です。


日本でいう『おばあちゃんの知恵袋』のようなもの。

日本でいうところの、アロエ、どくだみ…といったところなのかなと思いました。


インドでは、ニームは街路樹としてどこにでもある樹木でしたので、万能薬として広まっていったのかもしれませんね。


万能薬であるニーム是非、活用してみてください。

アーユルヴェーダの教えが、一人でも多くの方の心と身体の健康を助ける手助けになれば嬉しいです。



 

鈴木まり

幼少期から続いた喘息、アレルギー体質を克服しようと15年程前からヨガを始める。体質改善を助けてくれた植物療法、ヨガ、アーユルヴェーダ、ピラティスで一人でも多く、健康で輝き、本来の自分らしく生きる人が増えてほしいとBody care salon USASにて千葉を中心に普及に努めている。

Blog:https://ameblo.jp/thanks-y-heart/

HP:https://bodycaresalon-usas.wixsite.com/association